次期GKに期待する事。(2013/06〜)  表紙に戻る

いんとろ  2013/06/08記


これまで次期VGに期待する事。次期VGに期待する事。そのに。と記してきた。
どちらも主にVGに関してだが、それは私的に主に使うGK機器がVGだったからなのよね。
しかし、GR-55も入手した現在、要望はVGに留まらない。

なので、今後はGK機器に関する要望等を、こちらにちびちび記す事にする。

次期GKピックアップに期待する事。  2013/06/08記

2000年1月にGI-10と共に入手してからGK-2Aを使っているが、大きな不満がある。
それは、ギターによってはピックアップと元の位置が合わない事。
私的に体験した物ではPE-60とSteinberger Spiritが顕著で、これらは弦間が狭くてGKピックアップから外れてしまう。

ケーラーコピーを搭載したFR-55S改APG-55S改でも、弦間を狭めると同様になる。
GK-3では各ピックアップの幅が広がったが、対応可能な弦間の狭さは変わらないのでこれまた同様。
GK-3Bは弦間調整機能付きらしいが、ギター用にも同様の機能が欲しい。

或いは、1〜3弦用と4〜6弦用に分割し、両者の距離を調整出来れば対応可能かとも思う。
この場合、両者の傾きを調整する事で、指板のR具合にも対応出来るかも。
更に言へば6弦独立だとギターとベースで共用可な気もするが…配線や丈夫さが心配かも。

GKの小部屋に戻る  玄関へ