VG-99  RolandのWebへリンク  「by みつばむし」に戻る

めにゅ〜

  
いんとろ 2013/07/06記
  主な仕様と外観 2013/07/06記
  VG-99 Editor 2013/08/03記
  USBオーディオ 2021/08/28記 2021/09/04追記
  XLR接続でGP-10のノイズ低減? 2022/01/22記


・いんとろ  2013/07/06記

VG-8EXの後継機であるVG-88が私的に残念だったので、VG-99が出た当初はとても嬉しかった。
Poly FXは1つしか無いけど、COSMギターとエフェクトとCOSMアンプが2系統で、ペダル一体型ではないのも私的に好み。
USBのオーディオ/MIDIインターフェース機能、PCのエディタ/ライブラリアン、GK→MIDI変換も素敵(^ ^)

AUX入力が無いのと、モノラル入力のエフェクトは不満で、D BEAMとリボンコントローラーは微妙な印象。
6弦独立処理を生かしたPoly FXが少ないのも残念だが、全体的にはてんこ盛りで良い感じ。
最高峰とは言えないまでも、今後のバージョンアップ次第で…と、期待してたのだけど、あまり更新されないまま進展せず。

ふと気付くと生産完了とかで新品が安売りされるよーになり、それでも少々高いと思っていた頃に中古で49,800円なGR-55GKを入手。
VG-99とは縁が無いかな…と、思っていたら無保証GK-3がおまけに付いて中古で49,800円なこちらと出逢い、購入。
VG-88で感じていた不満は全て解消し、これでVG-8EX共々引退しても大丈夫そ。
↑に戻る

・主な仕様と外観  2013/07/06記

取説から仕様を幾つか抜粋してみる。

・AD 変換:24 ビット+ AF 方式
・DA 変換:24 ビット
・サンプリング周波数:44.1kHz
・パッチ数:400:200(ユーザー) + 200(プリセット)
・規定入力レベル:GUITAR INPUT:-10dBu
・入力インピーダンス:GUITAR INPUT:2.2MΩ
・規定出力レベル
 ・MAIN OUT:-10dBu
 ・SUB OUT:+4dBu
 ・GUITAR OUT:-10dBu
・出力インピーダンス
 ・MAIN OUT:1kΩ
 ・SUB OUT:600Ω
・ダイナミック・レンジ:100dB 以上(IHF-A)
・電源:AC アダプター(PSB-1U)
・消費電流:1.3A
・外形寸法:384.0(幅)*218.0(奥行)*93.5(高さ)mm
・質量:2.1kg(AC アダプターを除く)
・付属品
 ・取扱説明書
 ・GK ケーブル(5m)
 ・USB ケーブル
 ・RRC2 ケーブル
 ・VG-99 ソフトウェア CD-ROM
 ・AC アダプター(PSB-1U)
 ・ノブ・ボルト*4
 ・保証書

vg99_01.jpg
上から見た所。ベダル一体型から脱却し、スタンド等に取り付けて手元での操作が考慮されている。
GK入力が手前(画像下方向)にあり、D BEAMやリボンコントローラーの他、5つ音色呼び出しスイッチ、コントロールスイッチも。
6個のロータリーエンコーダーにもパラメータを割り当てて、演奏中の操作が可能。


vg99_02.jpg
後から見た所。

vg99_03.jpg
左側の端子付近を少し拡大。左からノーマルギターの入力と出力。XLRなSUB OUTとGND LIFTスイッチ、標準フォンなMAIN OUT。
そして、ヘッドフォン出力と同軸デジタル出力。


vg99_04.jpg
右側の端子付近を少し拡大。左から外部ペダル入力、外部コントロールスイッチ入力、USB、RRC2、MIDI入出力、DC IN。

vg99_05.jpg
裏側。

ちなみにACアダプターのPSB-1Uは、GR-55と共通。
↑に戻る

・VG-99 Editor  2013/08/03記

VG-99用無料 かつ 純正なエディタで、よくぞここまで丁寧に!とゆーのが私的印象。
とりあへづプリセット音色 USER 001 「ST + TWIN」を例に、GUIを幾つか載せてみる。
画面は約80%に縮小しており、画像をクリックした先で実物大と出逢える。

vg99_editor_01.jpg
メイン画面。

vg99_editor_02.jpg
COSM GUITAR画面。

vg99_editor_03.jpg
EFFECT CHAIN画面。ここから各エフェクトのエディット画面に行ける。

vg99_editor_04.jpg
COSM AMP画面。

vg99_editor_05.jpg
CONTROL ASSIGN画面。

vg99_editor_06.jpg
MIXER/DYNAMIC/DELAY/REVERB画面。
↑に戻る

・USBオーディオ  2021/08/28記

VG-99のUSBオーディオはステレオ入出力で、USB INとUSB OUTで入力先と出力元が選べる。
USB IN(入力先)はCOSM GTR A、COSM GTR B、NORMAL PU、MAIN OUT、SUB OUT、MAIN & SUB。
USB OUT(出力元)はCOSM GTR A、COSM GTR B、NORMAL PU、CH A、CH B、MIXER(DRY)、MIXER、MAIN OUT、SUB OUT。

例えば入力先を「NORMAL PU」、出力元を「MAIN OUT」にすると、通常のノーマルピックアップと同じ経路になる。
モデリングの経路は無く、入力先を「COSM GTR A」や「COSM GTR B」にしてもPOLY FXは使えない。
取説によるとUSB INはUSB OUTより前のポイントに設定してはいけないらしい。


入力先を「NORMAL PU」、出力元を「MAIN OUT」にした設定。
図中の黄色い「USB」な矢印が出入箇所になる。


・2021/09/04追記

「COSM GTR A」から各出力元の遅延具合をOblique Audio RTL Utilityで確認すると↓

・MAIN OUT、SUB OUT:1075サンプル 24.376 ms
・MIXER、MIXER(DRY)、CH A:1069サンプル 24.240 ms

↑こんな感じで、「NORMAL PU」でも同じ結果となった。


ドライバーの設定。初期値のバッファサイズ6(288サンプル)。


「COSM GUITAR A」から「MAIN OUT」の設定。


「COSM GUITAR A」から「MAIN OUT」のRTL Utility結果。
プリセット001な「ST+TWIN」を元に、エフェクトやアンプをオフにして計測。
↑に戻る

・XLR接続でGP-10のノイズ低減?  2022/01/22記

US-20GKP-4GP-10と併用すると、GP-10のノイズが増えるのが気になる。
グランドループが原因かと片アースなGKケーブルでグランドリフトを試してみたけど変わらず。
ふと思い立ってVG-99のXLRなSUB OUTでBEHRINGER XENYX 1002と接続してみたら、ノイズが増えなくなったみたい。


VG-99のSUB OUTなXLR出力。「GND」「LIFT」は「LIFT」だとノイズが増えたので「GND」で。


XENYX 1002の端子付近。「1」と「2」がVG-99からのXLRで、ノイズ対策的には1本でも大丈夫みたい。LとRが逆になってたので後に入れ替え。
VG-99の音は、音量調整が楽なので、MAIN OUTなフォン端子から「5/6」に接続して出力。
ちなみに、「3/4」は以前KORG PX3T PANDORAだったけど、現在はZOOM B1Xon。「7/8」がGR-55で、「9/10」がGP-10。
未使用端子には保護目的でプラグを挿しているのでごちゃごちゃ(^ ^;


↑に戻る

つづく  (よてい)

GKの小部屋に戻る  「by みつばむし」に戻る