CurveEQでGKピックアップとノーマルピックアップの違いを眺めてみる。  表紙に戻る
  どれくらい違う?

いんとろ

こちらBOSS GP-10(本家頁)のモデリングをIRで再現してみたが、通常のギターの出力(ノーマルピックアップ)で使うと少々違和感。
そもそも、ノーマルピックアップを目指してGKピックアップの音を加工するのがモデリングよね。
ならば、ノーマルピックアップの音をモデリングのIRで加工すると、GKピックアップ直の音を2回加工するのと似た感じになるのでわ?

これを解消するには、ノーマルピックアップの音をGKピックアップの音に似せてからIR加工すれば良さそな気がする。
Cubase Pro 10に付属するVoxengo CurveEQ(本家頁)の「スペクトラムマッチングテクノロジー」は2つの音の違いをEQカーブに変換可。
これを使って両者の違いを眺めてみる。

手順

・GP-10は「RE-GUITAR/AMP II」設定で、GK入力にはFERNANDES FR-55S改を使用。
・CubaseでGP-10の各弦独立入力をまとめてCurveEQに入力。
・開放弦をじゃかじゃか鳴らしてCurveEQで「Take」し、これをGKピックアップの音とする。
・ノーマルピックアップをCurveEQに入力して同様に「Take」し、これをノーマルピックアップの音とする。
・CurveEQでGKピックアップの音を「Reference」、リヤピックアップの音を「Apply To」にして「Match spectrums」して眺める。


CurveEQで「Take」したGKピックアップの音。

「Match spectrums」のポイント数は標準の「30」で、dBは標準の12dBに加え、それで収まらないのもあるので30dBも。
ピックアップは「F」(フロント)、「C」(センター)、「R」(リヤ)とその組み合わせで表記する。
小文字の「p」はパラレル。

結果
FERNANDES FR-55S改 F R
Steinberger ZT-3 Custom F Fp R Rp F+R F+Rp Fp+Rp

FERNANDES FR-55S改

FR-55S改 F 12dB表示

FR-55S改 F 30dB表示

FR-55S改 R 12dB表示

FR-55S改 R 30dB表示
↑に戻る

Steinberger ZT-3 Custom

ZT-3 F 12dB表示

ZT-3 F 30dB表示

ZT-3 Fp 12dB表示

ZT-3 Fp 30dB表示

ZT-3 R 12dB表示

ZT-3 R 30dB表示

ZT-3 Rp 12dB表示

ZT-3 Rp 30dB表示

ZT-3 F+R 12dB表示

ZT-3 F+R 30dB表示

ZT-3 F+Rp 12dB表示

ZT-3 F+Rp 30dB表示

ZT-3 Fp+Rp 12dB表示

ZT-3 Fp+Rp 30dB表示
↑に戻る

実験室に戻る  最初に戻る