・アーチ支柱とブルーシートで簡易物置を作ってみる。  表紙に戻る

いんとろ

そんなこんなでビニールハウスを建てたけど、農具や資材にに場所を取られて作付けにはあまり活躍していない気がする。
それではもったいないので別途物置でもと思い、安価な実現方法を検討。
蔓物の栽培に活用しているアーチ支柱とブルーシートの組み合わせが簡単そなので、試作してみることに。(2018/11)

1年も経たずに台風15号の直撃で倒壊し、パイプ類は少し曲がった程度だったけど、ブルーシートが破れた(^ ^;
その前からブルーシートに小さな穴が開いていたので、より丈夫な銀色シートを入手してとりあへづ復旧。
次の台風までには骨組みから建て直す予定。(2019/09)


銀色シートで暫定復旧した簡易物置。(2019/09撮影)

  準備 2020/02/22記  作業 2020/02/22記  後日談(2019/06) 2020/02/22記  後日談(2019/09) 2020/02/22記
準備

作業前の雑な妄想構想は↓

・骨組みはアーチ支柱(キュウリ支柱セット)と片側スエジな直管(1.8m)を使用。
 アーチを90cm間隔で5組設置して、天井と左右合わせて5か所を片側スエジな直管で固定。
・骨組みを3枚のブルーシート(1.8m*2.7mの背面と前面、3.6m*5.4mの天井側面)でくるむ。
・ブルーシートはパッカー、クリップ、ビニール紐等で固定。
・出入口(前面)は上部のみ固定し、下に直管を固定して巻き上げ。
・ラセン杭とビニール紐で全体を固定。

↑こんな感じで、材料は↓

・アーチ支柱コメリ キュウリ支柱セット 径19*2,750mm 498円*5組で2,490円
・直管 片スエジ 径19*1,800mm 225円*10本で2,250円
・クロスバンド 10個入り225円*3で675円(5個余り)
・ブルーシート(#3000)お値段失念 計2,300円くらい?
 前面と背面 1.8m*2.7m 400円くらい?*2と、天井側面 3.6m*5.4m 1,500円くらい?*1
・ラセン杭 385円*4本で1,540円

↑を購入した他、ビニールシートを止めるパッカー、クリップ、ビニールハウスに付属していたビニール紐等で手持ち品を使用。
合計金額は10,000円をちょと超えるくらいかな?
↑に戻る

作業(2018/11)


設置場所の確保。大まかに1.8mm*3.6mmの周囲を鍬で軽く整地し、内部は周囲より少し高くして水を避ける。


支柱の埋め具合や連結予定箇所をパイプに目印。


骨組み。普段はアーチ3組に直管5組なのだけれど、丈夫にしたいのでアーチは5組。直管は2本連結して使用し、天井に1組と左右側面に2組ずつ。
この時点では仮組で、後程ブルーシートに合わせて調整したのだけれど苦労した(^ ^;
最初からブルーシートに合わせて仮組しておいたほーが良いかも。


初日は骨組みの仮組だけで一旦終了。
背面のブルーシートを仮張りしてみたが、直管の出っ張りが邪魔な印象。
張り方や作業の工程を検討した後、2日目の作業となる。


背面ブルーシートの取り付け。ブルーシートのハトメを使ってビニール紐(ビニールハウスの付属品)でアーチ支柱に固定。
バタつきを抑える目的で内側にビニール紐を横4本、縦1本(地面に手持ちの杭を使用)入れてみた。


天井側面と全面のブルーシートの固定作業は、画像が無かった(^ ^;
基本的に1人作業なのでバタバタしてくると画像に気が回らなくなるのよね(^ ^;;
それだけ手間がかかったとゆーことで<(_ _)>

天井側面ブルーシートの背面側は向かい合うハトメをビニール紐で固定し、クリップとパッカーも併用。
前面側はハトメと内側のアーチ支柱をビニール紐で固定固定し、接地側は後で土に埋める予定。
後程バタつき防止に周囲をビニール紐でぐるっと固定する。

前面ブルーシートは上側をパッカーとクリップで固定。
下側は直管(手持ち品)をパッカーで固定して、ビニールハウスの背面や側面の換気口と同様の巻き上げ式にしてみた。
風でバタついたり開いたりするのを防ぐ細工は後程。


側面の前後左右に4本のラセン杭を設置。前と後でビニール紐を渡し、全体を固定。
前側は前面ブルーシートのバタつき防止用にも活用。



とりあへづ形になったので背面と側面の撮影。


同じく前面と側面。


前面ブルーシートの上部は、余りを内側に折り込んでクリップで固定。


少し手直しして、とりあへづ完成(^ ^)前面ブルーシートのバタつき防止は仮設置。
前面に突き出た直管は危ないのでパッカーを装着。



内部の様子。ビニールハウスから移住してきた藁の下には樹脂製のスノコ。左側面にはマルチや防虫ネット。

2日目はここまでで、1週間後に手直しと調整。
バタつき防止にパッカーを増やしたり、ビニール紐を加減したり、出入り口に工夫してみたり。
これにてひとまず完成とする。


手直し調整後の背面。


前面ブルーシートのバタつき防止機構左側。ラセン杭にビニール紐、ゴム紐(自転車のチューブから切り出し)、100円屋さんの樹脂製S字フック。
地面側には直管を抑える杭。



前面ブルーシートのバタつき防止機構右側。ラセン杭にビニール紐を固定し、その先を輪っかにして左側のS字フックに引っかける方式。
こちらにも地面側に直管を抑える杭。


評価(10段階で08がいちおー満足)

自己満足度:08

いちおーそれなりに形になった気がするが、側面や前面のバタつきにはまだ工夫が必要。
骨組み自体はそれなりに丈夫そだし、ラセン杭で固定しているので勝手に飛び去るよーなことはないと思う。
耐久性については不明なので、様子見。
↑に戻る


後日談(2019/06)

内側から側面を見ると、ブルーシートに小さな穴が(^ ^;
何か物が当たったとかではなく元の折り目が原因みたいだが、#3000だとこんなもんなのかな?
このまま暫く様子見する予定だが、張替え用に#4000のを物色せねば。


シートに穴(^ ^;
↑に戻る

後日談(2019/09)

台風15号の強風を受けて倒壊(^ ^;
パイプ類は少し曲がったくらいで大丈夫そだけど、ブルーシートは破れてしまった。
事前に入手済みだった#4000なシートを使用して手抜き作業でとりあへづ復旧し、後日ちゃんと建て直す予定。

一方で素材から見直してもっと丈夫にしたいとゆー要望や、移設案もあり、検討中。
私的費用対効果感覚では基本素材は現状と同じまま、パイプクロスで固定するとか、直管を増やすと良さそな気がする。
#4000の耐久性は不明なので、暫し様子見。


台風15号で倒壊。クロスバンドで固定したパイプが強風でズレたみたい。天井側面のビニールシートが破れている。


後日談(2019/06)で穴が開いてたブルーシートの後継として入手していた#4000なシート。
天井側面用3.6m*5.4m(左)が3,980円、前面背面用1.8m*2.7m(右)が1,280円*2。実寸法は3.5m*5.3mと1.7m*2.6mらしい。



藁以外を外に出して、仮復旧中。パイプが少し曲がっている(^ ^;


パッカーとクリップを多用して、とりあへづ復旧した前面。


同背面。
↑に戻る

工作室に戻る  最初に戻る