BIAS FX 2 ProのGuitar Matchをスペアナで眺めてみる。  表紙に戻る
  通常のギター出力を使ったモデリングはどんな感じ?

いんとろ

Positive Grid BIAS FX 2にはGuitar Matchなるギターモデリングっぽい機能があり、通常のギター出力がどんな感じになるか興味津々。
デモ版では2機種しか試せなかったけど、8機種使えるProを14日無料で使える機会に恵まれたのでありがたく楽しませてもらった。
ついでにVoxengo CurveEQで周波数特性がどんな感じか保存しておいたので、こちらにまとめてみる。

手順

・ギターはSteinberger ZT-3 Custom、オーディオインターフェースはRoland UA-1010、BIAS FX 2はCubase上でプラグイン起動。
・ZT-3のピックアップをノイズが少ない「フロント+リヤパラレル」にして、Neck、Middle、BridgeをGuitar Match。
・各機種のNeck、Middle、Bridgeで開放弦をじゃかじゃか鳴らし、CurveEQで「Take」。
・「Take」しておいたのを呼び出して、周波数特性をキャプチャ。

結果
57' Goldtop Reissue  Neck Middle Bridge
SHR Antique  Neck Middle Bridge
CU22  Neck Middle Bridge
YJM Signature  Neck Middle Bridge
52' Reissue T  Neck Middle Bridge
35 Dot Custom Classic  Neck Middle Bridge
JM Pro SHR  Neck Middle Bridge
RR Signature V  Neck Middle Bridge

57' Goldtop Reissue


Neck
Middle
Bridge
↑に戻る

SHR Antique


Neck
Middle
Bridge
↑に戻る

CU22


Neck
Middle
Bridge
↑に戻る

YJM Signature


Neck
Middle
Bridge
↑に戻る

52' Reissue T


Neck
Middle
Bridge
↑に戻る

35 Dot Custom Classic


Neck
Middle
Bridge
↑に戻る

JM Pro SHR


Neck
Middle
Bridge
↑に戻る

RR Signature V


Neck
Middle
Bridge
↑に戻る

実験室に戻る  最初に戻る